LT-200 Series spacer SSE-V500 spacer MBFA-II spacer LT-8 Series spacer LT-3 Series
サポート spacer 資料 spacer 会社概要 spacer 問い合わせ
2ch高精度温度計 LT-2 Series

bar

特長 LT-8用センサー専用 仕様 センサー
 
circle

温度分解能 1/1000℃

  チャンネルごとに独立した温度変換器をそなえ、計測時間差がありません。
(1℃/秒の変動で1m秒の差は1/1000℃)
温度変換器は単一レンジのため計測値の不連続がありません。
低電力設定では10μWで1/1000℃計測、気温を高精度で計測できます。
2秒周期で平均1μW以下、自己発熱による誤差を抑えます。
   
circle

センサー自身が校正情報を記憶(特許)

  互換精度±0.01℃をITS-90準拠のSPRTと高精度恒温槽で実現しました。
センサーから校正したR-Tデータを起動時に読み込みます。(外部から変更不可能)
複数のセンサーで発生しやすい間違った設定が生じません。
温度センサーの2線に校正情報を持っているため、一般センサーと混在使用できます。
   
circle

多様なサーミスタとPT1000が使用可能

  主要なサーミスタはLT-2に登録済みで、安価なセンサーも使用できます。
未登録なサーミスタでもR-Tテーブル、Steinhart-HartやB定数から設定可能で、どのサーミスタでも使用できます。
PT1000でサーミスタでは得られない高温までの広い温度範囲を計測できます。
  動作条件設定
   
circle

高度なパソコン用ソフトウエア

  ロガーに複数記録したデータを全体とは別に、記録ごとの時間情報が反映したファイルを作成します。
動作条件の設定では、2つの温度差を表示指定できます。動作LEDのON/OFF、ケーブル抵抗の補正ができます。
リアルタイムモニターでは記録しながらグラフ表示し、途中で計測値をテキストで抽出、グラフ表示を変更できます。
ロガーから読み出した全体データは、グラフ数表ともに複数記録の先頭にジャンプできます。
グラフ上で注目する点をマークとして記録し、その位置にジャンプできます。コメントも書き込めます。
記録したデータから必要部分をテキストまたはCSV ファイルに変換できます。
CSV ファイルはエクセルで読み込めます。