LT-2 Series spacer SSE-V500 spacer MBFA-II spacer LT-8 Series spacer LT-3 Series
サポート spacer 資料 spacer 会社概要 spacer 問い合わせ
LT-200 Series

bar

8ch温度ロガー 温度計測システム 仕様 オプション

温度計測システム

LT-200S    
LT-200SA 温度8点
LT-200SB 温度4点+電圧4点
LT-200SC 電圧4点
  電圧入力には湿度センサーを接続可能
LT-2HM4 4ch湿度ユニット(オプション)
   
   
circle

温度分解能 1/1000℃

  全チャンネル独立した温度変換器をそなえ、m秒単位で同時刻計測を実現。
(1℃/秒の変動で1m秒の差は1/1000℃)
温度変換器は単一レンジのため計測値の不連続がありません。
低電力設定では10μWで1/1000℃計測、気温を高精度で計測できます。
2秒周期で平均1μW以下、自己発熱による誤差を抑えます。
   
circle

センサー自身が校正情報を記憶(特許出願中)

  互換精度±0.01℃(校正温度)ITS-90準拠のSPRTと高精度恒温槽で実現。
校正およびR-Tデータを起動時にセンサーから読み込みます。(外部から変更不可能)
複数のセンサーで発生しやすい間違った設定が生じません。
温度センサーの2線に校正情報を持っているため、一般センサーと混在使用できます。
   
circle

多様なサーミスタとPT1000が使用可能

  主要なサーミスタはLT-200に登録済みで、安価なセンサーも使用できます。
未登録なサーミスタでもR-Tテーブル、Steinhart-HartやB定数から設定可能で、
どのサーミスタでも使用できます。
PT1000でサーミスタでは得られない高温までの広い温度範囲を計測できます。
  HTML記憶サーミスタリスト
  多様なサーミスタを選択
   
circle

安価な恒温槽で高精度な自己校正が可能

  全チャンネル同時計測のため温度変動がある恒温槽を用いても高精度な校正が可能です。
校正済みセンサーを基準に他のセンサーを校正でき、高精度を確保できます。
   
circle

多様な外部制御機能

  外部の信号に同期して記録、または信号が発生した期間のみ記録できます。
イベント信号の発生時刻を0.1秒単位で4ビット情報とともに記録します。
被験者の感性評価を記録できる感性評価入力装置を接続できます。(オプション)