LT-2 Series spacer SSE-V500 spacer MBFA-II spacer LT-8 Series spacer LT-3 Series
サポート spacer 資料 spacer 会社概要 spacer 問い合わせ
LT-200 Series

bar

8ch温度ロガー 温度計測システム 仕様 オプション

温度計測システム
     
LT-200F LT-200H LT-200Q
216ch 104ch 48ch
LT-200F LT-200H LT-200Q
単体ロガーLT-200Sをラック内に装着可能
   
circle

最大216点の等高線図をリアルタイム表示(オプション)

  最大216点の位置を指定して等高線図を描画、温度分布が一目でわかります。
等高線図から最高温度とその位置を推定して表示します。
計測結果の一部を変更して分布を確認できるシミュレーション機能があります。
  温度分布をリアル表示
   
circle

チャンネル毎に上下限の警報設定可能

  ブザー音と数表の色で警報が出ます。
DA出力ユニットを用いれば平均温度で警報が出ます。
   
circle

DA出力ユニット(オプション)

  重み係数付き平均温度をリアルタイムで表示します。(計測時は記録)
計算した平均温度をDA出力します。(8chレコーダーで記録可能)
指定温度より高温または低温で接点出力します。(2ch)
   
circle

ラックに装着するユニットを自由に選択

  ラックに装着するユニットの数を1〜27個まで自由に選択できます。
  ユニットの種類を色の違いで表示
   
circle

センサー自身が校正情報を記憶(特許出願中)

  互換精度±0.01℃(校正温度)ITS-90準拠のSPRTと高精度恒温槽で実現。
校正およびR-Tデータを起動時にセンサーから読み込みます。(外部から変更不可能)
複数のセンサーで発生しやすい間違った設定が生じません。
温度センサーの2線に校正情報を持っているため、一般センサーと混在使用できます。
   
circle

多様なサーミスタとPT1000が使用可能

  主要なサーミスタはLT-200に登録済みで、安価なセンサーも使用できます。
未登録なサーミスタでもR-Tテーブル、Steinhart-HartやB定数から設定可能で、
どのサーミスタでも使用できます。
PT1000でサーミスタでは得られない高温までの広い温度範囲を計測できます。
  HTML記憶サーミスタリスト
  多様なサーミスタを選択